「100年後も生き残ると思う日本企業」調査 製造業強し! また上位20社中10社が業歴100年以上

リスクモンスター株式会社は、2018年8月、20〜59歳の有職者男女、ならびに60〜69歳の男女を対象に、「100年後も生き残ると思う日本企業」アンケートを実施、結果を発表した。

なお調査対象企業は、年間売上2,500億円以上で従業員数5,000人以上の企業200社。有効回収数は1,000サンプルとなっている。

■「100 年後も生き残ると思う日本企業」アンケートのランキングは、以下のような結果となった。(※左数値は前回との順位差。右数値は回答率)

1位:→ (0) 「トヨタ自動車」 愛知県 自動車製造業 (38.4%)
2位:→ (0) 「本田技研工業(ホンダ)」 東京都 自動車製造業 (17.0%)
3位:↑ (+2) 「パナソニック」 大阪府 電気機器製造業 (16.0%)
4位:↑ (+2) 「ソニー」 東京都 電気機器製造業 (13.2%)
5位:↓ (▲2) 「日産自動車」 神奈川県 自動車製造業 (12.2%)
6位:↓ (▲3) 「東日本旅客鉄道(JR東日本)」 東京都 鉄道業 (11.7%)
6位:↑ (+8) 「全日本空輸(ANA)」 東京都 航空運輸業 (11.7%)
8位:↑ (+1) 「味の素」 東京都 食料品製造業 (11.6%)
9位:↑ (+1) 「日清食品」 東京都 食料品製造業 (11.4%)
10位:↓ (▲2) 「サントリー」 大阪府 飲食料品等製造業 (11.2%)

11位:↑ (+9) 「日本航空(JAL)」 東京都 航空運輸業 (11.0%)
12位:→ (0) 「キヤノン」 東京都 電気機器製造業 (10.7%)
12位:↓ (▲5) 「東海旅客鉄道(JR東海)」 愛知県 鉄道業 (10.7%)
14位:↑ (+9) 「任天堂」 京都府 娯楽用具・がん具製造業 (10.6%)
15位:↓ (▲3) 「TOTO」 福岡県 衛生陶器製造業 (10.2%)
16位:↑ (+1) 「キッコーマン」 東京都 食料品製造業 (9.7%)
17位:↑ (+8) 「資生堂」 東京都 化粧品製造業 (9.4%)
18位:↓ (▲7) 「ブリヂストン」 東京都 ゴム製品製造業 (9.3%)
18位:↑ (+2) 「日立製作所」 東京都 電気機器製造業 (9.3%)
20位:↑ (+7) 「帝国ホテル」 東京都 宿泊業 (9.1%)

前回調査との比較では「トヨタ自動車」、「本田技研工業(ホンダ)」の上位2社に変化はなく、第1回調査から今回まで5年連続で不動の順位となった。

一方で、「日本航空(JAL)」、「全日本空輸(ANA)」の航空会社2社や、「任天堂」、「帝国ホテル」のランクアップが目立った。

日本政府が観光政策を推進し、訪日外国人旅行者数が過去最高を記録する中で、インバウンド需要の恩恵を受ける航空会社やホテル、外国人からの人気も高いアニメ・ゲームに関わるゲーム会社などの評価が高まり、日本経済の新たな牽引役として、期待が寄せられていることがうかがえる結果となった。

また、業種では、自動車製造業3社、電気機器製造業4社、食料品製造業4社など、製造業がトップ20のうち15社を占めた。製造業以外では、鉄道業2社、航空運輸業2社がランクインした。

■次に、「100年後も生き残ると思う日本企業」に重視するイメージを聞いたところ、以下のような結果となった。(上位5位まで記載)

1位:技術力(43.3%)
2位:製品・商品の品質(38.0%)
3位:独創性(25.5%)
4位:ニーズ(24.1%)
5位:経営理念・姿勢(21.8%)

技術力を駆使し、高品質な製品・サービスを提供する企業や独創性のあふれる製品・サービスを展開する企業が、100年後も生き残る企業として考えられている結果となった。

■最後に、今回のランキング上位20社の格付推移および創業年数を調査したところ、以下のような結果となった。(※左から社名、創業年数、純資産額、自己資本比率、10年間高格付維持)

1位:「トヨタ自動車」85年 12兆409億円 68.7%(○)
2位:「本田技研工業(ホンダ)」 72年 2兆782億円 72.9%(○)
3位:「パナソニック」100年 1兆3,797億円 31.2%(○)
4位:「ソニー」72年 2兆6,870億円 75.3%(○)
5位:「日産自動車」107年 2兆5,275億円 50.0%(○)
6位:「東日本旅客鉄道(JR東日本)」69年 2兆3,630億円 31.3%(○)
6位:「全日本空輸(ANA)」66年 7,965億円 42.2%(-)
8位:「味の素」111年 3,651億円 36.9%(○)
9位:「日清食品」70年 2,414億円 65.1%(○)
10位:「サントリー」119年 6,896億円 31.6%(-)

11位:「日本航空(JAL)」67年 9,930億円 55.3%(-)
12位:「キヤノン」85年 1兆4,604億円 47.3%(○)
12位:「東海旅客鉄道(JR東海)」69年 2兆9,299億円 33.6%(○)
14位:「任天堂」129年 8,997億円 77.3%(○)
15位:「TOTO」106年 2,193億円 56.6%(○)
16位:「キッコーマン」100年 895億円 42.3%(○)
17位:「資生堂」146年 3,347億円 57.4%(○)
18位:「ブリヂストン」87年 1兆4,417億円 70.2%(○)
18位:「日立製作所」108年 1兆5,355億円 38.0%(○)
20位:「帝国ホテル」131年 560億円 72.6%(○)

上位20社の8割以上が10年間高格付を維持している優良企業に該当しており、全てが業歴65年を超え、平均業歴は95年という老舗企業群だった。100年以上の業歴を有しているの企業も20社中10社。

また20社とも、相応の純資産額と自己資本を有していることが確認できる。長い業歴の中で安定した事業基盤、財政基盤を築き上げている企業が、100年後も生き残る企業として考えられている結果となった。


この記事が役に立ったら「シェア」お願いします。

プロフィールPROFILE

PRO-Q 編集部

PRO-Qは「人事/営業・マーケティング/経営者/財務・経理/ITエンジニア」の職種に特化したアンケートメディアです。 職種ごとのサイト展開で、専門テーマのアンケートを毎日実施中。編集部が厳選したトレンドニュースやアンケート調査レポート、PRO-Q著名人インタビューなどを掲載中。 ビジネスに役立つ知識の情報源として、「PRO-Q」をご活用下さい。

コメントCOMMENT

コメントを投稿するには会員登録(無料)が必要です。
入会いただいた方の中から抽選で、
Amazonギフト券(1,000円分)を30名様に贈呈!

また、入会者全員にビジネスに役立つ話題の書籍等と交換できるPRO-Qポイント「100ポイント」もプレゼント中!

関連キーワードRELATED KEYWORD

事業継承

同じキーワードがつけられた記事SIMILAR ARTICLES