起業を成功に導くのは整ったオフィス環境!? ~東急不動産が「起業とオフィスに関する調査」を実施

東急不動産株式会社(東京都港区)が、起業家を対象に起業とオフィスに関する実態調査を実施し、その調査結果を発表した。


事業を進めるにあたって「オフィス(シェアオフィス、賃貸オフィス、他社のオフィスの間借り)を利用している人」のうち、「起業後のビジネスが軌道に乗っている」とした人の割合は71.5%。いっぽう「自宅(カフェなどの利用含む)」をオフィス代わりにしている人で「軌道に乗っている」のは49.9%にとどまっている。


※東急不動産株式会社調べ


このことからオフィス環境はビジネスの成否に大きな影響を及ぼすと考えられるが、実際、「かなり影響を与える」「やや影響を与えると思う」と回答した人が79.0%。とりわけ「“整ったオフィス環境”がビジネスに良い影響を与える」と考えている人は85.1%にものぼる。ビジネスが軌道に乗っていないと回答した人の62.3%が、現状のオフィス環境に「満足していない」ことも示されている。


※東急不動産株式会社調べ


オフィスを選ぶ際に重視した点は「集中できる環境が得られること」が43.8%でトップ。次いで「通勤の便、通勤時間の短さ」が33.2%、「ビジネスに有利な立地」が27.5%となっている。


※東急不動産株式会社調べ


今回は会社員経験のある起業家が調査対象となっていて、起業に際して「サラリーマン時代に受けていた福利厚生がなくなる」ことに不安を感じた人が61.3%。また51.5%が「自分がしなくてもいいと思う仕事が増えた」と回答。ビジネスが軌道に乗っていない人は「増えた」が39.3%、軌道に乗っている人は60.3%と、成功している人ほど来客対応や雑務などに煩わされている傾向にある。



※東急不動産株式会社調べ


今後は、「通勤の便が良くビジネス街にも近い立地」にあり、「来客対応、郵便物の受取・発送など個人事業主・小規模スタートアップが煩わされがちな業務の代行」や「福利厚生」を提供してくれて、かつ「静寂性や上質感に富むフロア」など整った環境であることを感じられるオフィスが、起業家から求められることになるはずだ。


東急不動産では、そうした特徴を持つシェアオフィス『ビジネスエアポート』を展開しており、今回の調査結果は『ビジネスエアポート』の有用性をあらためてアピールするものでもあるといえるだろう。


※出典:「起業とオフィスに関する調査」東急不動産調べ/調査対象は会社員経験のある起業家・30~54歳・男女600人/調査地域は東京、埼玉、千葉、神奈川、大阪、京都、奈良、兵庫、愛知、岐阜、三重/調査期間は2018年8月9日~14日

この記事を「シェア」お願いします。

この記事にコメントする

コメントを投稿するには会員登録(無料)が必要です。
入会いただいた方の中から抽選で、
Amazonギフト券(1,000円分)を30名様に贈呈!

また、入会者全員にビジネスに役立つ話題の書籍等と交換できるPRO-Qポイント「100ポイント」もプレゼント中!

プロフィールPROFILE

PRO-Q 編集部

PRO-Qは「人事/営業・マーケティング/経営者/財務・経理/ITエンジニア」の職種に特化したアンケートメディアです。 職種ごとのサイト展開で、専門テーマのアンケートを毎日実施中。編集部が厳選したトレンドニュースやアンケート調査レポート、PRO-Q著名人インタビューなどを掲載中。 ビジネスに役立つ知識の情報源として、「PRO-Q」をご活用下さい。

関連キーワード:

ワークスタイル

アンケート集計結果レポートREPORTS

同じキーワードがつけられた記事SIMILAR ARTICLES